Home > スポンサー広告 > 遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://sukechanv.blog.fc2.com/tb.php/432-5610e958
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from すけちゃんVIP速報

Home > スポンサー広告 > 遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ

Home > 政治・経済 > 遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ

遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ

1:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:49:45.09 ID:jnser6R40
 「今、話題になっているTPPと同じですよ。期限を区切って、回答を要求する。アメリカ人の大好きな手口です」。
10月中旬、都内の喫茶店で、男性が声を潜めながらも憤りを露わにしていた。彼は都内の中堅出版社「S出版」(仮名
)に勤める書籍編集者。編集業務のみならず著作権管理にも精通したベテランだ。

 ネット通販大手の米国のアマゾン・ドット・コム社(以下、アマゾン)からS出版に送られてきた封筒。そこに入ってい
た契約書案を見て、男性は愕然としたという。彼の話によると、アマゾンは年内にも日本で電子書籍事業に参入する予定
。国内の出版社130社に対して共通の書面で契約を迫っているそうだ。しかし、その契約書は「アマゾンは出版社の同意な
く全書籍を電子化できる」「売上の55%はアマゾンに渡る」「価格は書籍版より必ず低くせよ」など、出版社側に不利な内
容だった。アマゾンは「10月31日までに返答せよ」と要求している。

 「こんなの論外ですよ。もはやロイヤリティ以前の問題です。一読してもらえば、どんなにひどい内容か分かりますよ」
と、男性は吐き捨てるように言った。アマゾンは一体何を狙っているのか。男性の話から、「黒船」来襲で動揺する出版業
界の内幕が見えてきた。【取材・文:安藤健二(BLOGOS編集部)】

「これまでの全書籍を電子化せよ」

 男性はこう説明する。
つづきは>>2
http://news.livedoor.com/article/detail/5977004/






2:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:50:18.71 ID:jnser6R40
 
「10月上旬に説明会があったんです。渋谷にある日本法人"アマゾンジャパン"に、
うちも含めて各出版社の担当者が呼ばれました。
全部で130社が集まったそうです。そこでアマゾン側が『我々は日本でも電
子書籍事業を開始することにした。後日、契約書を送るの
でサインして欲しい』と表明しました。しかし、数日後に、送られた書面を見て、呆れるほかなかったんです」
 そう言いながら、男性は契約書のコピーをこっそりと差し出した。「KINDLE電子書籍配信契約」と書かれたその文書には、事細
かに契約条項が並べられている。KINDLE(キンドル)とは、アマゾンの電子書籍端末の名前だ。
キンドル向けに提供されるコンテン
ツは、他社のスマートフォンやタブレット端末で読むことができる。
 「まず問題なのは、この部分です」。男性が、契約書の冒頭部分を指差した。そこにはこう書かれていた。
出版社の新刊書籍をすべて本件電子書籍として本件プログラムに対し提供するものとする。

さらに、出版社は、権利を有する限りにおいて、既刊書籍についても本件電子書籍として本件
プログラムに対し提供するために商業的合理的努力を尽くすものとする。

出版社が上記権利を有しているにもかかわらず本件電子書籍として提供されていないタイトルが
ある場合、出版社は、Amazonが自己の裁量および負担で当該タイトルの本件電子書籍を作成し
、出版社の最終承認を得ることを条件として(ただし、かかる承認は不合理に留保されないものと
する)、当該本件電子書籍を本件プログラムにおいて配信することを許諾する。
 「ひどいものですよ」と男性はため息をつく。「新刊だけでなく、これまでに出した全ての書籍を
電子化する権利を渡せというんです。しかも、それに対して出版社側は拒否権を持てないというんで
す」。確かに、これではアマゾンにあまりに都合がいい条文だ。「しかし、これなどまだ甘い方です。肝心のライセンス料が法外なんです」。男性は続けた。






3:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:50:49.37 ID:jnser6R40
売り上げの半分以上はアマゾンへ
Amazonは当月中の各本件電子書籍の顧客による購入の完了につき、
希望小売価格から以下に定める金額を差し引いた正味価格を出版社に対して支払うものとする。

i.推奨フォーマットで提供された本件電子書籍については、希望小売価格に[55%](100%-正味)を乗じた金額
ii.推奨フォーマット以外のフォーマットで提供された本件電子書籍については、希望小売価格に[60%](100%-正味)を乗じた金額

iii.本件電子書籍の特別プロモーションのために双方間において合意するより高い料率
(100%-正味)を希望小売価格に乗じた金額
 アマゾンの価格設定は以上のように記載されていた。若干分かりにくかったので
、男性にどういうことか確認してみた。

「要するにアマゾンが推奨するAZWフォーマットで電子化された書籍は、小売価格の
うち55%をアマゾンが得るということのようです。評判の悪いiBookstoreですら、アップルの
取り分は30%なのに段違いです。つまり、アマゾンで電子書籍化すると、出版社に渡るのはわずか45%。
この中から、著者への印税を我々が払わないといけないんです」

 そう男性は語る。ちなみに推奨フォーマット以外だとさらに出版社への分け前は減り、
わずか4割に。特別プロモーションの場合には、さらに下がるという。






6:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:51:27.26 ID:jnser6R40
欧米流の「著作権管理」を要求

 契約書を読んでいて気になる文面があった。「権利帰属および支配」という条項に以下の
ように書かれているのだ。
出版社は、本件コンテンツに関する著作権およびその他の全ての権利および利益を保有
 「あれ?著作権って、本の著者が持っているはずでは」。出版社が著作権を保有するとは
どういうことなのだろう。不思議に思って、男性に質問してみた。

「よく気づきましたね。実はこの条文が、今回の契約書の肝なんです。日本の出版社が持ってい
るのは単行本の出版権だけで、著作権は著者個人に帰属しています。ところが、この条文には全
書籍の著作権を出版社が一括して管理せよという風に書いてあるんです。欧米では普通のやり方ですが、日
本でやっている出版社はまずありません。今回、アマゾンと契約書を締結するためには
、今まで本を出した全て著者に『アマゾンで電子書籍化するので、著作権を全て我々に管理させてください』と
了解を取ってライセンス料も払わないといけない。これを一ヶ月以内にやるのは、はっきり言ってどんな会社でも不可能です」

 なるほど……。 欧米で本や雑誌を出版する場合は、出版社は作家から本・
雑誌記事の著作権を買い取る契約をするのが通常だと言われている。今回のアマゾンの契約書は、
欧米の出版方式に合わせた契約書になっており、日本の出版界の実情とは全く異なっていたのだ。






7:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:51:50.92 ID:jnser6R40
「紙の書籍より高くしてはならぬ」

 このほか、価格決定権もアマゾン側が握っているという。契約書には以下のように書かれている。
本件電子書籍の希望小売価格の税込価格が当該国における当該本件電子書籍の紙書籍版の最も低い希望小売価格
(または定価)を超過する場合、当該本件電子書籍の希望小売価格の税込価格は、同日付で当該価格と同額とみなされるものとする。
 つまり、アマゾンで売られる電子書籍版の価格が、一円でも紙の書籍を上回った場合には、強制的に紙の書籍
と同額になるというのだ。

 「本来、本を売る書店であるはずのアマゾンという業者が、本の価格決定およびリアル出版の部分に影響を
与える可能性を多分に秘めている条項なんです」と男性は指摘する。

 このほか「カスタマー対応のために、データを返却しない」などアマゾン側に有利な条項が続々と並べられていた。






9:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:52:10.62 ID:jnser6R40
日経スクープはアマゾン側のリーク?

 あまりにも日本の出版事情に合わない契約書。男性は「130社のうち、アマゾンと契約する会
社はまずないでしょう」と打ち明ける。S出版も、すでに今回の契約には応じないことをすでに決めているそうだ。

 ところが、その最終調整の最中に意外な新聞報道があった。10月20日の日経新聞朝刊で、「アマゾン
、日本で電子書籍」という記事が一面トップを飾ったのだ。内容を一部抜粋しよう。
インターネット通販で世界最大手の米アマゾン・ドット・コムは日本で電子書籍事業に参入する。小学館、
集英社など出版大手と価格設定などで詰めの交渉に入っており、年内にも日本語の電子書籍を購入できるサイトを開設。

スマートフォン(高機能携帯電話)などに配信し、自社の電子書籍端末「キンドル」も投入する構え。
日本勢も紀伊国屋書店や楽天がソニー製端末への書籍提供を始める。日本でも電子書籍の普及が本格化しそうだ。

アマゾンは講談社、新潮社などとも交渉しており、1~2カ月以内に数社との契約を目指している。中
堅出版のPHP研究所(京都市)とは合意した。PHPは約1000点の書籍を電子化して提供する方針。

(略)

国内ではアマゾンの安売りを警戒する出版社側がアマゾンへの電子書籍提供に難色を示していた。アマゾ
ンは出版社側に対し、電子書籍の発売時の価格設定や値下げのタイミングについて両者が事前に協議する
仕組みを提案したもようで、交渉が進展した。






14:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:52:34.92 ID:jnser6R40
 この記事を読む限りでは、各出版社との交渉が進展しているように見える。この記事は事実に反しているとでも
言うのだろうか。「はい、交渉の進展については全く事実と違いますよ」と、男性は断言する。
 
「この記事は、実態を知っている物からすると非常にキナ臭い内容でした。大手の講談社、小学館、新潮社、
集英社と交渉中だと報じていましたが、私のところに入ってきた情報だと少なくとも講談社と小学館とは破談。
新潮社との交渉も一ヶ月近く止まっているようです。PHPの情報は掴んでいませんが、他の大手も進展はないでしょう
。これらの大手出版社には、10月初旬の一斉説明会の前に、事前に話が行ってたようで、大手との協議が進まないから
、中堅どころを一斉に呼んで契約書を送りつけたというのが実態のようです。下手な鉄砲、数打てば当たるという目論見ですよ」

 その上で、「日経新聞のスクープは、アマゾン側のリーク情報だったのではないか」と驚くべき指摘をした。

「10月20日にこの記事が出たというところがポイントです。恐らく10月31日の期限を前に、130社に対する
脅しなんです。『他社は契約するよ。この流れに乗らないとやばいよ』と危機感を煽らせるために、
アマゾン側がわざとリークして日経に書かせたのではないでしょうか」
 
 そう言って、男性は苦々しげな顔でコーヒーを飲み干した。






16:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 18:52:58.06 ID:jnser6R40
「誰も幸せにならない電子書籍」

「これまで『電子書籍は取次を通さない分安くなる』、『紙の本よりもコスト減になる』など、著作権者も
出版社も儲かるというような夢物語が語られてきましたが、それらは本当に夢物語だったんです。」

 彼は電子書籍の将来について、バサっと切り捨てる。

「電子書籍全体の売り上げは伸びているのは当たり前です。電子書店が、それだけたくさんできているからです。
ただ、その伸びは鈍化しています。特に牽引役だった携帯電話向けコミックの息切れが如実なんですよ。
出版業界は再販制度という流通制度に守れていながら、構造不況が続いてました。わずかに残された企業
体力を加速度的に奪って、どん底へ叩き落す電子書籍の仕組みのバカさに付き合う必要がありません。そ
のことを著者も出版社もそろそろ気付くべきなんです。電子書籍は、結局、誰も幸せにならないんですよ」

 出版不況にあえぐ出版社にとって、電子書籍は「救世主」のように見られていたが、実態は違っていたようだ。






20:名無しさん@涙目です。(東日本):2011/10/29(土) 18:53:45.77 ID:7oUMouF/0
TPP参加したらこういうの爆増か
しかも抵抗したらルール違反ときた
奴隷かよ






22:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/29(土) 18:55:08.42 ID:2WNjnVlkO
本に関してはアマゾン使ってないからどうでもいいわ






23:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/10/29(土) 18:55:27.51 ID:/6yeDYhC0
自分たちが早く積極的に取り組まなかったのが悪い






24:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/10/29(土) 18:55:48.06 ID:16QhuTAB0
とりあえず極端に要求して落とし所を探ってるだけじゃん






25:名無しさん@涙目です。(新潟県):2011/10/29(土) 18:57:10.01 ID:/6yeDYhC0
アメリカでは何%なのか知りたい






27:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 18:59:20.42 ID:biclVozX0
専用ソフトの縛り無しでjpgで出してくれるなら紙媒体より多少高くても買うわ
逆にいくら安かろうと独自規格で専用ソフトをインスコしなきゃ見れないなら価値は無い






28:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 18:59:25.74 ID:/5zN2m2oP
Amazonnは凄いし、奴隷はアマゾンに従えよ
どうせ日本の出版なんて世界で雑魚だろ
俺たちが便利になるんだよくずが






30:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 19:00:31.75 ID:ei+7CAIC0
ネットの普及と進歩で夢のような世の中になったとおもいきや
なんだろうここ4,5年くらいの閉塞感






40:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 19:16:57.95 ID:Hv9L49QY0
>>30
ITサービスはぜんぶアメリカ発だからかな
日本の優秀なモノづくりはハードウェア限定でした






31:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 19:01:17.03 ID:KHvgTNCi0
日本の出版社が共通のフォーマット策定しなかったのが悪い






32:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 19:02:30.04 ID:cB9VRLGJ0
これじゃ電子化とやらは進まんな






33:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 19:02:31.76 ID:rkPoCrjki
日本の出版も同じくクソだと自覚が無いのが痛い
可哀想でも何でもない






35:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 19:10:09.03 ID:iLTEtsR80
amaポイント付かなくなってきたな
配送料無料終われよ






36:名無しさん@涙目です。(茸):2011/10/29(土) 19:11:05.43 ID:go+bx9Pb0
グローバルなんて幻想だし、ローカルは腐ってるし。
まぁそういうこと。






37:名無しさん@涙目です。(和歌山県):2011/10/29(土) 19:12:03.84 ID:ye/icJe20
黒船が来る前に、連合を作って先手を売っとけばよかったのに、
既得利権を失うのが嫌で電子化出来なかったくせに何今更言ってるんだか。






38:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 19:12:15.37 ID:Nlk64Y050
販路が広がること考えずに「すっぱん社側に不利な内容」とか一生言ってろってかんじー






39:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 19:12:59.93 ID:TBQYtkyJ0
これで問屋死亡だなw






41:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 19:18:06.06 ID:gJymG1Xw0
悔しかったらamazonより利便性の高い流通企業出してみろジャップってなるだろ






47:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 19:32:35.99 ID:/5zN2m2oP
>>41
現状家電に関しちゃヨドバシ最強だから、他の分野も本気出した方がいいね
紀伊国屋とか丸善もさっさと追随すればいい






42:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 19:20:00.36 ID:+pZOp1vi0
青空文庫で昔の本読めよ
捗るぞ






43:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 19:22:35.81 ID:H96YFtg/0
TPP入ったらこんなもんじゃねえ






44:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 19:23:10.46 ID:lAFJVXZO0
さすがにこれはヒドイ条件だろ。
もっとマシな方法で国内でサービスたちあげろよ。






45:名無しさん@涙目です。(家):2011/10/29(土) 19:30:21.93 ID:BPfQwLRU0
小売が調子乗んなwwwwwwwwwwwww






49:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 19:38:26.02 ID:mn0Q6xZp0
Amazonと出版社と作者は利益が出るが流通や書店は利益が出ないのか?






50:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 19:38:57.07 ID:8pEVC9570
Amazon様がたった55%の手数料で扱ってやると言ってるのに






51:名無しさん@涙目です。(鹿児島県):2011/10/29(土) 19:45:02.27 ID:CxYfWrhw0
さっさと電子化しろや
今までおまえらがぼってた分がアマゾンさんに行くだけや!






52:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:07:51.73 ID:+WLuU0TM0
端末とサービスでまともなのがAppleとAmazonしかないんだから、さっさと腹括って進めば良いのにな
消費者としてはその方が嬉しいだろ






53:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/10/29(土) 20:12:46.88 ID:crNteXlm0
①電子書籍に反対
②電子書籍に賛成だが、Amazonに反対
③電子書籍に賛成で、Amazonに賛成

この3つの立場があるからな






59:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:17:18.18 ID:hECiEQqu0
>>53
2に至っては現状夢物語






55:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 20:15:12.51 ID:s12UE6td0
Amazonって赤字なんでしょ
かなり無理してんじゃない
配送料無料とかって異常だもの






58:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:16:33.59 ID:cQQG5iNF0
>>1
むしろ出版社やアマゾン消えて、
原作者達が100%近く自分の収入になる枠組みを作った方がいいよ
そっちの方が安くなるだろうし、買う方も書いた人を直接応援したい






64:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 20:19:47.46 ID:BqClNSFu0
>>58
サーバーや回線やシステムの維持費って無料じゃないんだぜ
winnyみたいにすれば無料でいけるけどさ、なぜか変なイメージがついちゃったからな
惜しい事をしたな
すごいシステムだったのに






76:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:23:55.08 ID:hECiEQqu0
>>64
P2Pによるクラスタサーバ化は何度か議論されてる
でもISPが現状の技術ではコスト的にむり、勘弁してくれつって進んでない






82:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 20:26:19.06 ID:BqClNSFu0
>>76
そうなの?
ISPが協力してくれるなら、ISPに強力なキャッシュサーバーみたいなやつを置けば解決するけどな






95:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:32:34.49 ID:hECiEQqu0
>>82
この辺とか
http://www.wired.com/software/webservices/news/2007/08/p2p

あと、日本でもそういう商用P2Pの技術革新について何かニュースあって、
そこでISP側がそんな事言ってたけど、いつ、どのように伝えたかは忘れた
URLも忘れた。俺の意見も忘れていいよ
キャッシュサーバは詳しい理論は聞いてないけど金子氏が言ってるんだっけ?






60:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/10/29(土) 20:17:49.11 ID:b2mYP3e30
電子書籍とか正気かよ






61:名無しさん@涙目です。(家):2011/10/29(土) 20:18:02.42 ID:BPfQwLRU0
金が無いとか謳ってる貧民クンは本なんか買わなくていいよ・・・。
無いなら無いなりの、相応の生活をしろってんだ。
なーにが安くなるなら賛成!だ。
オツムの足りねー主婦層じゃあるめーしよwwwwwwww






62:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 20:18:26.60 ID:cs+SoOWN0
いやいや断ればいいだけだろ
何切れてんだよ






72:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/10/29(土) 20:22:03.50 ID:crNteXlm0
>>62
そこがキモ何だよな
結局のところなんとなくだが電子書籍をやらなければいけないと思ってる
でも自分たちじゃ統一出来なくてモジモジしてたら黒船が到来してビックリ






85:名無しさん@涙目です。(熊本県):2011/10/29(土) 20:26:46.93 ID:iZtPivD70
>>72
実際の黒船も不平等条約結ばせに来ただけだったからな






63:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/10/29(土) 20:19:37.56 ID:b2mYP3e30
アマゾン終わったな
楽天に乗り換えるわ






65:名無しさん@涙目です。(コネチカット州):2011/10/29(土) 20:19:54.73 ID:5UGn9sZaO
大手の出版社も
某コミックサイトみたいに
Web版では乳首を隠して
単行本ではボカシなしで見れるとか
そんな工夫が必要だろ






66:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:19:57.38 ID:4HuEenbJ0
日本ではKindleはコケるよ
Amazonの驚異が大好きなマスコミの意図には反してね






67:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/10/29(土) 20:20:25.67 ID:xS/uD83d0
今は不利益に見えても、TPP参加して、再販制度が廃止になったら
「あの時amazonと契約していたらな」って思うことになるよ






68:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 20:20:59.11 ID:hyYHAo8C0
amazon便利すぎてよく利用してるがお前らは出来るだけ控えろよ
町の本屋やCD屋がみるみる潰れてるのに歯止めをかけろ!






87:名無しさん@涙目です。(奈良県):2011/10/29(土) 20:27:41.83 ID:xS/uD83d0
>>68
なんで「欲しいものは絶対にない」街の本屋を救わなきゃならんの

むしろ書店はすべて「amazonステーション」として、注文を受け付け
料金収納を代行し、不在がちな人向けに受け取り&一時保管する店として
業態転換するべきだと思うよ






100:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:33:46.76 ID:hECiEQqu0
>>87
ていうか本屋がAmazonに取り寄せてもらったりするからなw
なじみのお店だから、そこで買うようにしてるけど






69:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 20:21:10.94 ID:ywqXblXr0
出版社って要らないよね
あまぞんよりよっぽどひどい中抜き






70:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:21:23.41 ID:aoU5+df70
これロイヤリティ調整すれば売り込めるなあ
作ろうかな、どうせニートだし






71:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 20:21:54.34 ID:61brMGBE0
日本の出版社が契約をあいまいなままやってるってのは
よく聞くけど、この辺の隙を突けば楽勝なのか?






73:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 20:22:14.13 ID:25OxbnEC0
「売上の55%はアマゾンに渡る」    これは酷いな
「価格は書籍版より必ず低くせよ」  これは当然






74:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 20:23:10.95 ID:25OxbnEC0
特典商法が流行るわけだ






75:名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/10/29(土) 20:23:45.86 ID:olJAZIjU0
日本でアマゾンさんに逆らうとどうなるか
もうちょっとで立場逆転だろうな






80:名無しさん@涙目です。(宮崎県):2011/10/29(土) 20:25:39.85 ID:jdwusR0S0
>>75
日本の書籍販売額の2割がamazonって噂もあるしね






77:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/10/29(土) 20:24:23.55 ID:crNteXlm0
規格を日本で統一して、紙でも電子でもどちらでも購入できるようにして欲しい
最初は値段据え置きでもいいからさ

これすらしないって事はやる気がないんだろうな






84:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 20:26:25.34 ID:4nN6UgpV0
>>77
出版とは縁がない独自端末売りたいだけのメーカーが邪魔してんじゃね?






78:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/10/29(土) 20:25:03.87 ID:luFqtPFl0
アマゾンが出版社になっちゃいなよ






79:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 20:25:19.81 ID:JyywirR50
何冊か電子書籍を買ってみたが、自分の好きな作家にも関わらず
その後読んでないわ






81:名無しさん@涙目です。(関東・甲信越):2011/10/29(土) 20:25:56.98 ID:4BEol46HO
まあ殆どが破談になるんだろうね
で…Amazonは次はどうするの?






83:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/10/29(土) 20:26:20.67 ID:EkkxRtch0
脱税企業死ねよ






86:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/10/29(土) 20:27:06.63 ID:Pc8zVKvP0
まあ今は反抗的な態度とってるけど、何社かがアマゾンと契約したら
なし崩し的に他の出版社も契約しちゃうだろ






88:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 20:28:57.04 ID:jFZggvl+0
特質かもしれないが、ジャンプとか週刊誌が電子書籍になったら
立ち読みですませたのを定期購読しちゃう勢いかも…
ふと便所とかで見れるのはメリットでかいしな






89:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 20:29:10.92 ID:FY6GYLhp0
アマゾンステーションは無人でいいから
雇用が減るのじゃ






90:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 20:29:40.81 ID:F597kPsZ0
Amazon は一度も使ってないから、俺には何の関係もない。
個人情報駄々漏れのおまいらは完全な情弱






91:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:31:22.87 ID:BGcQWMeQ0
出版社で働いてるがアマゾンのやり方で一向に構わない

著者も読者も無視した本作りしかできないくせに
金だ著作権だ言う経営陣や営業、取次連中を一網打尽してくれ

このままいままでのシステム引きずってたら
まともな本は作れなくなり本は読者に見向きもされなくなる
出版は完全に死ぬ






92:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:31:53.73 ID:uP7YeKUc0
ていうか販路が尼になる時点で出版社が金取る理由が無いんだよね
作者分は確保するとして残り数パーセント程度取れればマシなんじゃね






101:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 20:34:37.21 ID:4nN6UgpV0
>>92
出版社がないと編集とか校正どうすんだよ
エロなら消しも必要だしタイトルロゴのデザインとかも全部作家にやらせる気かよ






108:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:36:48.88 ID:hECiEQqu0
>>101
これは事実かと
作家にそこまでの自己資本開発能力はないはず
というか出版のマーケティングによる企画作家も確実にいるからな
あいつらはバカだけど、その出版業そのものはなくならない






110:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:37:30.94 ID:BGcQWMeQ0
>>101
たぶん作家が編集者を直接雇う時代が来るんだろうな






118:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 20:40:33.38 ID:7zBsuOrC0
>>101
Web小説が既に






93:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:32:01.09 ID:cQQG5iNF0
これが本格的に始まったら紙の本は徐々に高くなっていき、本屋と同時に次第に消えるよ
銀塩カメラと写真屋さんと同じ運命を辿る






94:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 20:32:26.20 ID:6ZtRzRTb0
このすれはなにすれのつづきだ!






96:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/10/29(土) 20:32:37.41 ID:qqm0vR5L0
放送局が流行作ったり、出版社がベストセラー作ったり

マスコミの思い上がり






97:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/10/29(土) 20:32:57.41 ID:crNteXlm0
俺なんてむしろ電子書籍の方が高くても買うってのによ!






98:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 20:33:13.33 ID:FY6GYLhp0
アマゾンが作家が直で儲かるシステム作ったら
出版社はどうなるんだ






108:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:36:48.88 ID:hECiEQqu0
>>98
これは事実かと
作家にそこまでの自己資本開発能力はないはず
というか出版のマーケティングによる企画作家も確実にいるからな
あいつらはバカだけど、その出版業そのものはなくならない






112:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 20:38:07.02 ID:BplfY7Q40
>>98
いいな
一般人も普通に本出せてネットで話題になったりするかな






155:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 20:53:59.79 ID:6DBoDyi20
>>98
Amazonは作家の儲けなんて眼中にありません
元記事に作家から著作権を買い上げろと言っています

出版社は、本件コンテンツに関する著作権およびその他の全ての権利および利益を保有






162:名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区):2011/10/29(土) 20:56:24.47 ID:7ymBxlZW0
>>155
アマゾンが作家すら敵に回すならもう成功の芽は無くなったな
日本はガラパゴスと言って撤退なんじゃないのまた






103:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/10/29(土) 20:35:11.78 ID:crNteXlm0
とりあえず週刊少年ジャンプ辺りが始めたら劇的に変化すると思う






104:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:35:48.61 ID:cQQG5iNF0
アマゾンは取り過ぎだろ
初回にかかる手続きや人件費なんてたかが知れてるし、
サーバー代なんかは他の書籍と共用なんだから
5%もあれば充分だ
どうせ1MBもないんだろ?






106:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 20:36:27.70 ID:FY6GYLhp0
本って引越しのとき全部捨てなきゃいけないじゃん






107:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/10/29(土) 20:36:47.59 ID:BplfY7Q40
くやしいなら日本版amazon作って大手になればいいじゃん






109:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/29(土) 20:37:10.21 ID:jIq5wOUM0
女装ホモの安藤健二の記事なのがひっかかる






114:名無しさん@涙目です。(宮崎県):2011/10/29(土) 20:39:21.95 ID:Pv5KI1Qr0
おまえらさ、amazonで洋書みつけて、書名でぐぐってみなよ
コンピュータ関係ならまず間違いなく割れ本が1ページ目に出てくるから。スキャンじゃなくて電子書籍版が

これがおまえらの望む未来なんだよね






124:名無しさん@涙目です。(WiMAX):2011/10/29(土) 20:42:18.98 ID:BqClNSFu0
>>114
割れを防ぐには、割れより便利に電子書籍が手に入る環境を作ること
amazonにお金を払うのは便利さの対価






133:名無しさん@涙目です。(四国地方):2011/10/29(土) 20:44:26.05 ID:hECiEQqu0
>>114
典型的な印象操作乙






115:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/10/29(土) 20:39:57.89 ID:Yd9citpQ0
日本語の壁があるんだから無視すりゃいいじゃないか
再販制度あるんだからはじめから無理な事
日本の出版は一度死なないと良くならない

その時は黒船さんよろしくお願いいたします。
できれば子供に安心してすすめられるアップルさんきぼんぬ






205:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/10/29(土) 21:08:43.46 ID:5P4a+cFa0
>>115
再販制度はTPP来たら非関税障壁ってことで間違いなくなくなる。
アメリカの本屋は新刊書売ってるとこが普通に○○%OFFって棚が
どーんと目立つとこにあって、ブックオフ状態になってる。






116:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 20:40:14.60 ID:61brMGBE0
しばらく前までは電子書籍スレが立つと物凄い勢いで紙最強を
唱えていた人たちがいたけど勢いなくなったんだよな。
出版社の中の人だと思うんだけどその内部でも方向転換が
始まってるのか?






127:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:43:30.94 ID:BGcQWMeQ0
>>116
出版内部は何も変わってないよ






125:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 20:42:40.07 ID:iI997Za20
ν速はアマゾン信者多すぎ
それでいて原発とかの他問題は売国とか言ってるからめちゃくちゃ






128:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/10/29(土) 20:43:46.25 ID:bA246GOr0
>>125
自分が利用してる物は思い入れが強いんだろう。
おいらもソニーリーダーらいすっき!






126:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 20:42:57.47 ID:WoA90gq80
amazonが編集者引き抜いたら出版社いらなくなるじゃん






129:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:43:50.86 ID:agJCz7hi0
独占禁止法を発動すればいいじゃん。






130:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/10/29(土) 20:43:57.39 ID:tX89wH1S0
編集者が作者を選ぶのではなくその反対の時代になるのは良いね






136:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:45:32.85 ID:BGcQWMeQ0
>>130
そういう時代が確実にくる
電子書籍の時代はそういう世界
編集者のオレでもそう思う






142:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 20:48:00.09 ID:4nN6UgpV0
>>136
既に色々とツテのあるベテランならそれでもいいんだろうけど
右も左もわからない新人作家とかどうすんの?
結局組織化された編集者集団が新人教育することになるっしょ?






154:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:53:05.26 ID:BGcQWMeQ0
>>142
経験と能力あるフリー編集者が若手の作家や編集者を個別に育てるんだろうな
編集者集団で組織化しても今のような出版社のシステムほど大規模である必要はない






189:名無しさん@涙目です。(千葉県):2011/10/29(土) 21:02:50.23 ID:4nN6UgpV0
>>154
なんかあれだなまんま徒弟制度だな
良いか悪いかはともかくとして






168:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 20:57:31.62 ID:O2ucYjX/0
>>142
コンサルタント的な位置づけの編集に特化した会社があれば済みそう
スケジュール管理とか執筆内容の打ち合わせを今までの出版社の代わりにやって
紙の出版と電子出版に作者の代理人として交渉するみたいな形






144:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 20:48:15.02 ID:JRFI58/60
>>136
作家がより好みで編集者選んだら、良い作品書けると思うの?
俺はそうは思わない。
必ずレベルの低下が起きる。






163:名無しさん@涙目です。(SB-iPhone):2011/10/29(土) 20:56:29.79 ID:BGcQWMeQ0
>>144
作品のレベル低下が起きるとすれば編集者に能力がないということだ
そうなるなら出版業界は死滅すればいい






132:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/10/29(土) 20:44:25.51 ID:FY6GYLhp0
アマゾンはアメリカがやってるからいいわけで
日本人がアマゾン的なものをつくって一人勝ちしたら
嫉妬で叩かれるんだから






137:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/10/29(土) 20:45:33.82 ID:O2ucYjX/0
>>132
日本でやると余計なものをゴテゴテつけちゃって楽天みたいになっちゃいそうだよな






141:名無しさん@涙目です。(dion軍):2011/10/29(土) 20:47:27.42 ID:NoRKRVqA0
これからは本はジュンク堂で買うわ(´・ω・`)






143:名無しさん@涙目です。(西日本):2011/10/29(土) 20:48:07.75 ID:bA246GOr0
試しに本を一冊買って、
夜中に読み始めて、なにこれ面白いって
なったときに、スッと続きをダウソして読めるのはいいよな。






147:名無しさん@涙目です。(山形県):2011/10/29(土) 20:49:03.36 ID:mHzwRWYG0
図書館なら女子高生の隣に座れるぞ






276:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/10/29(土) 21:35:43.90 ID:orrD5P1r0
出版社基本不要だな






このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments: 0

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://sukechanv.blog.fc2.com/tb.php/432-5610e958
Listed below are links to weblogs that reference
遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ from すけちゃんVIP速報

Home > 政治・経済 > 遂にAmazonが日本の出版社に契約を迫る。が、契約内容が酷過ぎマジギレ

タグクラウド
検索フォーム
リンク集
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。