Home > 2011年08月02日

2011年08月02日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

高岡騒動 中国の反応 「これで言論自由があるの?」「日本ドラマの方が数段上」「中国なら擁護される」

 
1:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/08/02(火) 22:27:00.36 ID:0WWl7GJK0

韓流氾濫に意見した俳優・高岡蒼甫、同じく韓ドラ人気の中国での反応は?―中国版ツイッター

2011年7月末、俳優の高岡蒼甫が韓流コンテンツに偏った某テレビ局の放送内容を非難し、所属事務所を
退社するなどの騒動になったことについて、同じく韓流ドラマなどが長年にわたって人気の中国でも、反響が出始め
ているようだ。レコードチャイナ編集部は2日、“中国版ツイッター”と呼ばれる簡易投稿サイト・新浪微博(SINA
Weibo)で声を拾った。

「これはひどすぎるよね。これで言論の自由ってあるの?それに、彼の発言内容は正しいと思うな」と、言論の
自由が保障されていると思われていた日本でもこのような事態があることに驚きを示すコメントや、「日本のドラマって
確かに近年はレベルが少し落ちた気がするけど、それでも毎クールとも必ず、良作はあるものだよ。駄作と言っても、
韓ドラよりかは数段上だと思うよ」と、日本の番組クオリティーを支持するコメントも。

「もしこんなことが中国で起こったとしたら、所属事務所も国家広播電影電視総局(国内のマスメディアを統括する
国家機関)も、彼を擁護すると思うな」との意外な発言もあった。中国は海外のコンテンツから自国産業を守ろう
という傾向が強く、かつては日本製アニメの放映にも制限がかけられたことがあるほどだから、あながちデタラメな
推量とは言えない。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=53249

Continue reading

Index of all entries

Home > 2011年08月02日

タグクラウド
検索フォーム
リンク集
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。