Home > 2011年07月13日

2011年07月13日 Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

【ありがとう民主党】 環境税10月1日導入へ  所得税・法人税1割増税、第3のビール増税も

  • Posted by: nabesuki56
  • 2011-07-13 Wed 18:44:21
  • 未分類
1: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (神奈川県):2011/07/13(水) 16:32:15.41 ID:aZRjpzs70●
第3のビール増税・環境税で復興財源捻出検討 たばこは見送りも


 政府は東日本大震災の復興財源を捻出するため、2011年度税制改正法案に導入を明記した地球温暖化対策税(環境税)の活用や
酒税の増税を検討していることが12日、分かった。10兆円超とされる復興財源を賄うには所得税や法人税といった基幹税の大幅増税でも不足する可能性があり、
幅広い税目を組み合わせる。ただ、政府・与党がまとめた社会保障と税の一体改革案では消費税増税も打ち出しており、増税ラッシュに対し国民の反発が高まるのは必至だ。

 11年度税制改正法案では、原油や石炭などの化石燃料に課税している石油石炭税を引き上げる形で、環境税を10月1日に導入することを盛り込んだ。
15年度まで段階的に5割増税し、税収(完全実施で年2400億円)は環境対策に充てる。

 だが、税制改正法案は野党の反対で成立のめどが立たず、環境税の導入も棚上げになっている。政府は環境税について
「震災復興で太陽光発電などの導入を進めるなら欠かせない財源」(財務省幹部)とみており、復興財源への活用を視野に法案成立への協力を野党に呼びかけたい考えだ。

 酒税については、もともと政府は11年度税制改正大綱で「アルコール度数に着目した税制」に変更する方針を打ち出している。
ビール(350ミリリットル当たりの税額が77円)に比べて、同程度の度数なのに税額が低い発泡酒(同47円)や第3のビール(同28円)の増税が
今後の検討課題となる見通し。政府内では当面、増税分を復興財源に充当する案も浮上している。

 たばこ税の増税も一部で取りざたされたが、「販売数量は減少傾向にある。増税しても税収減に歯止めをかける程度の効果しか見込めず、
復興財源としてあてにならない」(財務省幹部)と否定的な見方が多い。

続く

Continue reading

Index of all entries

Home > 2011年07月13日

タグクラウド
検索フォーム
リンク集
RSSリンクの表示
アクセスカウンター

このページの先頭へ戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。